元・青年海外協力隊(インド・プネ派遣)による日本語教育(日本語教師向け)の教材サイト。★初級・中級・上級の教室活動や学習ゲーム満載!無料ダウンロード! ★『日本語初歩』『みんなの日本語』対応 ★インド人学習者にも ★大人気「みんなでじゅくご」カードゲーム♪
2011年04月11日 (月) | 編集 |
aiueo_chart.jpg

実は、はじめ五十音表を現地人の先生たちに配ろうとしたときに、ネットで無料提供されている既存の五十音表を探したのです。できれば、手間を省きたいですから(笑)

しかし、いろいろ、調べてわかったのです。
ネットで調べて出てくる無料の五十音表は、日本の小学生向けのものばかり。だから「て」なら「てんとうむし」なんて、子どもなら親近感があるものの、外国人にとっては身近とは限らないし、初級でそもそも勉強する必要はないし。

また、ひらがなとカタカナがひとつの表になっているものも多いです。たとえば、「あ」なら「あめ」と「アメ」と1つの単語と絵でひらがなとカタカナ両方を兼ねているわけです。もちろん字を書けるようになれば、なんでもいいような気もしますが、そもそもカタカナは外来語などに使うので、その意義を示すためには、カタカナにはカタカナ専用の言葉(外来語)を使って、表は別にしたほうがいいと思うわけです。

さらに、フォントの問題もあります。「さ」や「き」など、よくあるフォントだと、下の曲線が一画になってつながってしまいます。手書きの場合、これらは離して書くので、そこは正しい字体で教えたいですよね。
※フォントについては、「漢字フラッシュカード」のところでも触れているので、そちらもご覧ください。

つまり、
 (1)外国人にも身近な言葉(または初級で使うような言葉)を使っている
 (2)ひらがなとカタカナと別にしている
 (3)手書きに近いフォントを使っている

の3点を満たす五十音表は見つけられませんでした。(私の探し方が悪いのかもしれませんが)

じゃぁ、自分で作っちゃうかということになりました。。。

しかし、カタカナというのは特に大切だと思うのです。

カタカナはひらがなに比べ、教科書などで出てくる頻度が低いため、なかなか定着しません。しかし、実際は私たち日本人の日常生活では欠かせません。広告にしても、ネットにしても、カタカナにあふれています。カタカナがわからなければ生活できないんじゃないかと思うほど。(それはちょっと言いすぎ。。。)

だから、とくにカタカナにおいては、身近な言葉を使うべきだと思います。
しかも、その国の生活習慣に合った言葉を使えば、学習者はもっと楽しく、身近にカタカナを感じて、ひいては、日本語や日本を好きになってくれるかもしれません。

たとえば、今回作ったカタカナ表には、上の画像にもあるとおり、「インド」、「オート」(インド人は「オートリキシャ」を略してこう言う)、「クリケット」(インドの国技)、「サリー」、「シタール」、「スズキ」(インドでもっともシェアのある車メーカー)など、インドならではの言葉をふんだんに取り入れました。

また、「タクシー」や「トイレ」も言葉自体は普通ですが、絵はしっかりインド仕様です(笑)

なお、これらの絵はM隊員に描いてもらいました。トイレの絵など、やはりインドに住んでいないと描けない絵ですよね。この五十音表の絵に限らず、このサイトの活動集の中で使われている多くの絵はM隊員に描いてもらっています。いつもありがとう。

さて、こうして遊び心満載にして、カタカナの敷居が少しでも低くしたいなと願っています。

ただ、もちろん、これはまったくのインド仕様なので、残念ながらほかの国では使えません。

なので、WORD文書も用意してありますので、その国に合った五十音表に加工してみたらどうでしょうか。
もし、他国バージョンができたら、ぜひ教えてください。
各国ごとのバージョンができたら、きっと素敵ですね♪
 

※現在はPDF版のみです。

☆ダウンロードはこちら↓から

※教室などに貼れるように、カラー版A3サイズのものと、学習者に配れるようにモノクロ版A4サイズのものを用意しました。

▼カラー版A3サイズ(ひらがな表)

download_pdf.jpg

▼カラー版A3サイズ(カタカナ表)

download_pdf.jpg

▼モノクロ版A4サイズ(ひらがな表)

download_pdf.jpg

▼モノクロ版A4サイズ(カタカナ表)

download_pdf.jpg
コメント
この記事へのコメント
はじめまして!
海外出身者に日本語を教え始めようとしている者です!ひらがな、カタカナ表を探しており、ダウンロードさせていただきました!ありがとうございます★
2017/02/18(Sat) 07:56 | URL  | 岩﨑 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック