元・青年海外協力隊(インド・プネ派遣)による日本語教育(日本語教師向け)の教材サイト。★初級・中級・上級の教室活動や学習ゲーム満載!無料ダウンロード! ★『日本語初歩』『みんなの日本語』対応 ★インド人学習者にも ★大人気「みんなでじゅくご」カードゲーム♪
2011年07月01日 (金) | 編集 |
■赤ちゃん・バケツ・電話・玄関・トイレ■
 □文型:「から」「ので」(理由)
 □目的:理由とともに意見をいう
 □道具:
 □『日本語初歩』:27課
 □『みんなの日本語』:42課


さっそくですが、まず活動の流れを先に紹介したいと思います。



①教師は次の5つの文を黒板に書く。絵を書いてもいい。

   ・赤ちゃんが泣いています。
   ・バケツに水を入れていますが、あふれています。
   ・家の電話がなっています。(携帯電話じゃありません)
   ・玄関のベルがなっています。
   ・トイレにいきたいです。


②それぞれの文を説明し、「赤ちゃんを世話しなければならない」「水を止めなければならない」「電話にでなければならない」「玄関にでて、お客さんに会わなければならない」「トイレにいかなければならない」状況を理解させる。

③教師は、「この5つが同時に起こったら、あなたはまずはじめに何をしますか?」と質問し、何人かに何をするか発表してもらう。
このとき、「どうしてですか」と質問し、「~から」または「~ので」をつかってこたえてもらう。

   例: はじめに水を止めます。水はたいせつですから。

④学生は、自分はどの順番で5つのことをするか決める。その理由も考える。

⑤人数が少なければ、全員が順番と理由を発表する。人数が多ければ、グループをつくり、グループのなかで発表して、グループの意見をまとめて、それをクラスで発表する。
(※教師はその順番を黒板などにメモしておくとよい。)

⑥教師はこれが、『あなたの人生の優先順位』をチェックする心理テストであることを伝える。




ということで、実はこれは心理テストだったんです。
いつだか、私もこの心理テストをだれかにされたことがあり、おもしろいと感じて、日本語の授業でも使ってみようと思いました。

さて、肝心の答えですが、

    ・赤ちゃん → 恋人、パートナー
    ・水 → お金
    ・電話 → 両親
    ・玄関のお客 → 友達
    ・トイレ → 自分


のようにそれぞれが大切にするものを象徴しています。

たとえば、 「赤ちゃんを世話して、トイレにいって、電話にでて、玄関にいって、水をとめる」と答えた人は、大切なものは「恋人>自分>両親>友達>お金」の順になります。

とても盛り上がりますよ。

また、中上級の活動にも使えます。



☆ダウンロードはこちらから↓

▼『日本語初歩』版

ワードファイルのダウンロードボタン  PDFファイルのダウンロードボタン

▼『みんなの日本語』版

ワードファイルのダウンロードボタン  PDFファイルのダウンロードボタン
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック