元・青年海外協力隊(インド・プネ派遣)による日本語教育(日本語教師向け)の教材サイト。★初級・中級・上級の教室活動や学習ゲーム満載!無料ダウンロード! ★『日本語初歩』『みんなの日本語』対応 ★インド人学習者にも ★大人気「みんなでじゅくご」カードゲーム♪
2011年06月30日 (木) | 編集 |
■私の国の習慣■
 □文型:「~なければなりません」、「~てはいけません」
 □目的:習慣・文化を説明する
 □道具:
 □『日本語初歩』:26課
 □『みんなの日本語』:17課


「なければなりません」と「てはいけません」を使って、日本や学習者の国の文化や習慣を紹介します。

はじめて、教師が日本の習慣について説明して、その次に、学生の国について紹介してもらいます。
以下のような流れです。



①教師は、日本の習慣について「なければなりません」と「てはいけません」を使っていくつか説明する。

・うちにはいるとき、くつをぬがなければなりません。
・約束の5分前までにこなければなりません。
・電車やバスで、携帯電話で話してはいけません。


②学生はペアかグループにわけ、それぞれに習慣のテーマをだす。
<食事の習慣> <交通の習慣> <結婚の習慣> <お祭りの習慣>
<家族の習慣> <学校の習慣> など
  テーマなしで自由に作らせてもよい。

③ぺア・グループごとに習慣について説明する文をつくる。できれば理由も考える。

④グループごとに発表し、内容を確認する。

※上記の活動の流れの説明文だけファイルにしてあります↓。


☆ダウンロードはこちらから↓

▼『日本語初歩』版

ワードファイルのダウンロードボタン  PDFファイルのダウンロードボタン

▼『みんなの日本語』版

ワードファイルのダウンロードボタン  PDFファイルのダウンロードボタン
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック