元・青年海外協力隊(インド・プネ派遣)による日本語教育(日本語教師向け)の教材サイト。★初級・中級・上級の教室活動や学習ゲーム満載!無料ダウンロード! ★『日本語初歩』『みんなの日本語』対応 ★インド人学習者にも ★大人気「みんなでじゅくご」カードゲーム♪
2011年04月26日 (火) | 編集 |
■ええっ!ほんと?■
 □文型:「たことがあります」
 □目的:自分の経験を紹介する/うそを見抜く
 □道具:
 □『日本語初歩』:25課
 □『みんなの日本語』:19課


「たことがあります」の表現を使って、文を3つ作り、そのうちに一つだけウソの文を作ります。
そしてほかの学生はそれウソを見抜くという活動です。

活動の流れは以下のとおりです。


①教師は自分のおもしろい、めずらしい経験を黒板に書く。しかし、三つのうちひとつにうそをいれる。
 
 [例]
 A:わたしは富士山にのぼったことがあります
 B:わたしはラジニ・カントに会ったことがあります
 C:わたしは新聞に出たことがあります


「このなかにひとつ、うそがあります」と言って、どれがうそだと思うか全員に手をあげてもらう。そのあと、うそを発表する。

②学生は自分の珍しい経験を三つ考える。かならずひとつうそをいれること。

③学生は一人ずつ前に出て発表する。黒板に書いてもいい。
(人数が少なければ他の人は質問をしてもよい)

④他の学生はうそだと思うものに手をあげさせる。そのあと、発表した学生自身にこたえをいってもらう。答えが当たった人は1点もらう。点は自分で記録しておく。

⑤全員発表する。

⑥点を計算し、「うそ発見チャンピオン」を発表する。また、だれがいちばんうそが上手だったかを選んでもいい。

※クラスの人数が多いときは、ふたつのグループにわけたり、黒板に書かないで発表したりするなどして工夫する。


「たことがある」の表現だけでなく、どの文型でも使用できるので、アイスブレーキング的な活動としても使えます。



☆ダウンロードはこちらから↓

▼『日本語初歩』版

ワードファイルのダウンロードボタン  PDFファイルのダウンロードボタン

▼『みんなの日本語』版

ワードファイルのダウンロードボタン  PDFファイルのダウンロードボタン
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック