元・青年海外協力隊(インド・プネ派遣)による日本語教育(日本語教師向け)の教材サイト。★初級・中級・上級の教室活動や学習ゲーム満載!無料ダウンロード! ★『日本語初歩』『みんなの日本語』対応 ★インド人学習者にも ★大人気「みんなでじゅくご」カードゲーム♪
2011年04月22日 (金) | 編集 |
kanoukei_bingo.jpg

■可能形ビンゴ■
 □文型:可能形
 □目的:質問をして、ビンゴを完成させる
 □道具:ビンゴシート
 □『日本語初歩』:23課
 □『みんなの日本語』:27課


上の絵のようなビンゴシートを一人ひとりに配ります。
ビンゴシートには、文があるので、それを可能形にして、インタビューして回ります。

(例)
 A:Bさんは日本語が話せますか。
 B:はい、話せます 


「できる」と答えた人の名前を記入したら、そのマスはチェックしたことになります。
たくさんの人にインタビューして、「できる」人を探し出し、マスの縦・横・斜めのいずれかを揃えた人の勝ち、というルールです。

なお、今回のビンゴシートは完全なインド仕様になっているので、適当に変えて使用してください。
※ちなみにone lakとは10万というインド独特の数字の単位です。タタが開発した話題の格安自動車「ナノ」は「one lak car」(10万ルピー車)[約20万円]とも言われています。



☆ダウンロードはこちらから↓

▼『日本語初歩』版

ワードファイルのダウンロードボタン
  PDFファイルのダウンロードボタン

▼『みんなの日本語』版

ワードファイルのダウンロードボタン  PDFファイルのダウンロードボタン
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック